シモケンサイズ  バイク専用ブログ

2018年02月22日

HA36Sアルト バッテリーの軽量化について


HA36SアルトFのリチウムバッテリー
ここのサイトの訪問者様からメールを頂いて
バイク用の安いリチウムバッテリーの事を知り

只今、様々なバイクでリチウムバッテリーを
テストしている最中ですドコモ提供

んで、やっぱりバッテリーがクソ重い自動車でも
リチウムバッテリーを試したくなる流れに訳ですよドコモ提供

もう既にアルトには
大型バイクに使われている
普通の鉛バッテリーに交換済みなんですけどねドコモ提供

さすがに自動車では気軽に
手で押して家に帰るなんて事は厳しいので

値段は海外製にくらべて3倍ほどする
日本製のバッテリーを気休めに採用していますドコモ提供

リチウムバッテリーを採用するにあたっては
そもそも安いリチウムバッテリー自体に
不安要素があるのと

さらにバイク用のを使うとなると
2重の不安要素を抱える事になるので

バイクでちゃんと使える事が確認出来ない以上
いきなり自動車に採用する事は厳しいでしょうドコモ提供

カメラとかにも中国製の安い
リチウムバッテリーを使ったりしましたが
やっぱり品質が安定していなくて

3つ買うとその中の1つは満充電しても
容量が異常に少なかったりと
ハズレを引く可能性が高い印象でしたドコモ提供

引くほど高価な自動車用のリチウムバッテリーを使えば
何の問題も無いのですが

いかに少ない出費で最大の効果を得られるようにするかも
チューニングをするうえで面白い一つの要素だと思うので
めんどくさいけど試行錯誤していますドコモ提供

バイク用バッテリー
自動車にバイク用のバッテリーを使うにあたり
どこまで容量を削れるのか・・という話なんですがドコモ提供

大型バイクのバッテリーに交換した時点で
すでにマイナス5Kgの軽量化が出来ているのですが
まだまだ欲しがっている自分がいますドコモポイント

というのも
大型バイクのバッテリーは
250ccクラスのバッテリーと比べれば
2倍くらい重いのですよドコモ提供

とりあえず人柱としてマイナスの気温を叩き出すこの時期に
あえて少ない容量のバッテリーを接続したバイクと
標準の容量のバッテリーを搭載したバイクを同時に放置してみると

30日経たなくらいで小さい容量のバッテリーを積んだバイクは
セルからかすかに音がする程度まで電圧が低下して
エンジンが掛けられなくなりましたドコモポイント

標準の容量のバッテリーを搭載したバイクは
普通にエンジンが掛けられましたドコモ提供

その事からも、バッテリーを小型化するにあたり
気をつけたいのは、走っている時に使う電力よりも
自動車を走らせる頻度の方がむしろ重要なんですねドコモ提供

つまり、外気温や自動車を走らせる頻度によって
バッテリーの容量を選ぶ事になりますドコモ提供

アルトの場合、全ての灯火器をLED化した方が良いのは
言うまでもありませんけどね・・ドコモ提供

という事で・・
アルトFの専用コーナーを作りました。ドコモポイント

まだ高解像度の写真しかアップしてませんが
ぼちぼちネタを載せていきたいと思いますドコモポイント




シモケンサイズ  バイク専用ブログ
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
カテゴリ
つぶやき(160)
クルマ(171)
バイク(75)
カメラ(50)
家電(19)
ロードバイク(33)
家庭菜園(10)
音楽(2)
グルメ(36)
楽器(5)
PC(17)
水槽(27)
ゲーム(42)
ラジコン(7)

検索ボックス

過去のコラム
.Powered by さくらのブログ