シモケンサイズ  バイク専用ブログ

2017年12月01日

ロードバイクにおける走行性能と乗り心地の両立について

スポンサードリンク



ロードバイクと神社
ロードバイクで京都の街を夜散歩していますドコモポイント

夜の誰もいない神社は昼とはまた違った雰囲気があって
なんだか怖いですねドコモ提供

出来ればこんな所で止まりたくないのですが
ブログのネタの為に仕方なく止まっていますドコモ提供

こんな所・・
神社のことかーーーーーーーーー!!雷犬雷

ロードバイクと嵐山
いつもの嵐山の渡月橋に着きましたドコモ提供

乗り心地や楽な運転ポジションを重視した
極めてコンフォートなロードバイクなので

自分自身の足さえ出来上がると
無限に走れる感じになるので
嵐山に来ても疲労感がもうほとんどありませんドコモポイント

体が鍛えられている感じが走る度に
だんだんと無くなってくるので
もうただのサイクリングですよドコモ提供

road-bike-20171201-4.jpg
という事で今日の本題ですよ・・ドコモ提供

今回のサイクリングでやった事は
後輪に25Cのタイヤを履いて
前輪には細い23Cのタイヤを履きましたドコモポイント

これがぶっちゃけ、予想以上に良くて
ペダルの軽さと乗り心地が
高い次元で両立出来ているんですよドコモポイント

自転車なのでついつい前後に
同じ太さのタイヤを履いてしまいがちというか

少なくともレースでのタイムを考えると
もっとも重量が軽いタイヤを前後に履いた方が

より重量が軽くなるので
どうしてもそういう流れになりますよねドコモ提供

でも私が目指したロードバイクは
レースで戦わない究極のママチャリなので
最高の走行性能と乗り心地を両立したい訳ですよドコモ提供

それをするには適材適所という考えで
乗り心地に影響する所には
重いパーツでもためらいなく使い

乗り心地にさほど影響しない所には
出来るだけ軽いパーツを使う訳ですドコモ提供

road-bike-20171201-3.jpg
そうなるとタイヤも前後同じ太さにするよりも
乗り心地に大きく影響する後輪タイヤだけを太くた方が
理にかなっているように思えますねドコモ提供

後輪タイヤは前輪と比べて太くしても
空気抵抗の影響を受けにくいでしょうしドコモ提供

あまり乗り心地に影響しない前輪タイヤには
軽量化だけでなく荷重や空気抵抗の事を考えても
出来るだけ細くた方が良い事だらけに思えますドコモ提供

今回は手持ちのタイヤで試しましたが
もっと極端に前輪が20Cで後輪が28Cでも
アリかもしれませんねドコモポイント




シモケンサイズ  バイク専用ブログ
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリ
つぶやき(160)
クルマ(164)
バイク(75)
カメラ(50)
家電(19)
ロードバイク(33)
家庭菜園(10)
音楽(2)
グルメ(34)
楽器(5)
PC(17)
水槽(27)
ゲーム(38)
ラジコン(7)

検索ボックス

過去のコラム
.Powered by さくらのブログ